7億円で奨学現金を作りたい

抽選で7億当たったら、自分の母校に寄付して奨学稼ぎを作りたいです。

最近の日本の生徒を取りまくキャッシュ状況はとても苦しいものですし、儲けで訓練しよというメンタリティを我慢するのは余りにもったいないことだと思います。

そんな自身を支えるためにも、抽選の賞金をセミナーに寄附することで奨学稼ぎを創り、訓練に勤しみたい生徒を手つだいたいです。

7億円あれば例年10ヒューマンくらいの生徒の学資を無料にやる職種を、20年代ほど積み重ねることができるでしょう。

正直言って、7億ほどの大枚は自分1人では用い切れないと思うので、他人のために使いたいという意思もあります。

どっちみちウォークインクローゼットに入れて使わないなら、この国を背負う自身のために使いたいのです。

奨学稼ぎのターゲットは学資を納めるのが困難であるが点数が優秀なヒューマンとするのが最高かなと考えています。

今は理系よりも文系のほうが雇用が鋭く、訓練に集中できる環境にないので、基本的に文系の生徒向けの奨学稼ぎを想定してある。

奨学稼ぎを仕掛ける結果若い人を助かるとともに、自分の呼称が後世まで語り継がれるようになります。

儲けという消えてしまうものを使って、日本に呼称を残すというのもまずまずロマンがあって良いのではないかと絵空事始めるばかりです。しじみエキスサプリを飲んで肝臓を強くする

7億円で奨学現金を作りたい